新着情報 | 生理痛,更年期,ダイエット,アレルギーを漢方で治すなら岸和田の福原薬局へ。

新着情報

RSS

バスツアーの案内と報告♪

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2013/11/21

猛暑と言われた今年の夏もようやく終わりました。暑さが厳しかった分、今秋は紅葉も色鮮やかではと期待されます。
そこで久しぶりにバスツアーを企画いたしました。行けそうでなかなか行けない琵琶湖周辺。
その中でも特におすすめのスポットを選びました。
秋の一日、ご一緒に楽しみませんか?
―――――☆――――――☆――――
行き先  比叡山 坂本とガーデンミュージアム比叡
日 時  平成25年11月7日(木曜日)
会 費  3000円 
     昼食は坂本の芙蓉園にて
     三段重のお弁当を予定しています
会員様限定です。
【旅程】
08:35 岸和田駅前出発
       ↓
10:45 日吉大社 拝観
       ↓
11:50 坂本「芙蓉園」にて昼食
12:50    出 発
       ↓
13:40 ガーデンミュージアム比叡 
見 学
14:50    出 発
       ↓
15:40 井筒八ツ橋本舗 お買物
16:10    出 発
       ↓
18:10 岸和田駅前 帰着予定


★バスツアー楽しかった!!★
11月7日(木曜日)に福原薬局むらさき会開催のバスツアーで
比叡山坂本とガーデンミュージアム比叡に行ってきました!

32名のお客様方がご参加くださり、山の上では一足早い紅葉のなか、歴史と自然に触れる一日をご一緒できました。

カポニー産業蠅力妥銚槎笋ら
某小学校の受験問題を出され、
「私小学校入学できへん!」との方が続出!

また健康談話を沢山お話ししていただき、
「目からウロコ」だったよ!とのお声を沢山いただきました。

岸和田市漢方の福原薬局では本物をご紹介しています!!

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2013/11/21

紫根はゴマ油でなくっちゃダメ!!

以前にTV番組でシミに紫根の煎じ液を化粧水の様に使用すると、シミが治ったと放送されて、番組の翌日は紫根騒動で大変だったことがあります(≧∇≦)

ホノミ漢方会の勉強会で水抽出とゴマ油抽出の実験データが紹介!

こちらから

コウノトリが来てくれますように!

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2013/10/15

【乳製品と不妊の関係】
低脂肪や無脂肪の乳製品を多くとる女性は、排卵障害による不妊になるリスクが高い!
アメリカのハーバード公衆衛生大学院による疫学調査の結果でこのような事が明らかになりました。以下参考にしてください。

18,555人の女性の看護師を対象とした疫学調査で、食生活と妊娠するまでに要した期間、不妊治療の有無を分析したところ、乳製品のトータルの摂取量は妊娠する力への影響はみられなかったのですが、乳製品の種類については、明確な違いが出ています。

それは、低脂肪や無脂肪の乳製品を多く食べる女性は、そうでない女性に比べて、排卵障害による不妊のリスクが高く、反対に、無調整の全乳の乳製品を多く食べる女性は、そうでない女性に比べて、排卵障害による不妊のリスクが低いというものです。

このことについて、研究チームは、低脂肪や無脂肪の乳製品の加工製造過程で発生する、生殖ホルモンの構成の変化を指摘しています。
乳製品の原料である牛乳には、水分や脂肪、たんぱく質、そして、炭水化物(乳糖)、さらに250以上の物質が含まれていることが分かっています。
その中には、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸、そして、さまざまなホルモンが含まれています。
それらは、牛乳の水分中に溶けて存在するものもあれば、脂肪部分に付着しているものもあります。

牛乳に含まれる物質の中で、妊孕性に影響を及ぼす可能性の高いのはホルモンです。
そして、現在、私たちが飲んでいる牛乳には、50年ほど前に比べると、比べ物にならないくらいの量のホルモンが含まれていると言われています。

牛乳やチーズ、その他の乳製品には、プロクラチンや性腺刺激ホルモン放出ホルモン、エストロゲン、そして、プロゲステロンなどの女性ホルモン、さらには、一連の男性ホルモンやその前駆体が含まれています。そもそも乳牛は雌牛ですから、もちろん、各種男性ホルモンも含まれますが、やはり、女性ホルモンのほうが主です。

脂肪分を調整して、低脂肪や無脂肪牛乳に加工する際に、脂肪分を取り除くわけですが、その時に、脂肪と親和性の高い、主に、エストロゲンやプロゲステロンが、一緒にすくい取られてしまうという現象が起こります。

その結果、牛乳の水分中に存在する、いくつかの男性ホルモン、インスリン様成長因子、そして、プロラクチンなどが残されることになるのです。

また、インスリン様成長因子は、テストステロンと結合する、性ホルモン結合グロブリンの産生を抑制することで、男性ホルモン優位の状況を、より、促進することも考えられ、このような含有ホルモンの構成の変化が、排卵障害のリスクを高くするのではないかとのこと。
つまりは、男性ホルモン優位になることで、卵胞の成熟を阻害する可能性があるということです。

上記の文章からも複雑ですが、牛乳、乳製品は、子宝待ちの方には、合わないです。

【卵巣年齢検査(AMH検査)について】
去年の後半から最近に至るまで各種マスコミ媒体で、「卵子の老化」が何度も何度も取り上げられているのにお気づきになられましたか。
皆様もご存知の通り「35歳を過ぎると卵子の質が急激に落ちて、妊娠しにくくなる」というものです。

各種報道を見ると「卵子も老化する」という「事実」だけが殊更にクローズアップされ、それに対する対応策が何も示されていなかったので不安を覚えた方も多かった事と思います。
「卵子の質」自体を数値化する事はなかなか難しいですが、別名「卵巣年齢検査」と呼ばれている検査があります。「AMH検査」です。「AMH」とは、「抗ミューラー管ホルモン(アンチミューラリアンホルモンとも称する)」と呼ばれる女性ホルモンの一種です。
卵巣の中にある、これから育っていく卵胞(発育卵胞、前胞状卵胞)から分泌されるホルモンです。
つまりAMH値が高いとこれから育つ卵胞が卵巣内にまだまだたくさんある状態。値が低いと卵胞が少なくなってきている状態ということです。

月経周期や薬剤による値の変動は、余りありませんので卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)を測る通常のホルモン検査よりも精度が高いです。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方は、高い検査値が出ます。この場合は、ホルモン剤の服用によって数値が改善します。
但しこの卵巣年齢検査は、まだ歴史が浅く「基準値」というものに「幅」があります。
去年、卵巣年齢検査数値が「0」、つまり「卵巣の中に卵胞のストックが無い」と診断された方が何人もご懐妊され、医療従事者に衝撃が走りました。「卵巣年齢検査数値は変動しない」という「医療界の常識」も否定され、他のホルモン検査数値と同様に、「変動する値なので、月経三日目に採血する」というふうに検査ルールも変わりつつあります。
一度、卵巣年齢検査を受けて数値が悪かった方は再度検査を受け直しても良いと思います。

この検査を別の表現で説明すると、倉庫(卵巣)から荷物(卵子)を運び出すトラックの台数を数える検査と言えます。
荷物を積んだトラックの台数が少ない=「妊娠力が少ない」と検査上は、判断しますが、倉庫の中に実は荷物(卵子)が残っており、ただ運び出していなかっただけ、と考えられる事例もあります。
残念ながら「卵子の老化」は事実ですが35歳から急激に老化する訳ではなく、老化だけを捉えるならば17歳前後をピークとして女性の「妊娠力」は少しずつ下がっています。
卵子の質を急激に上げる事は出来なくても、漢方は卵子の老化を留めたり「総合的な妊娠力」を上げる事が出来ます。
不妊治療をしていてもなかなか赤ちゃんを授かれない方、妊活中の方やご自身の妊娠力が不安な方は漢方の福原薬局に是非ご相談くださいね。だいじょうぶ。

漢方の福原薬局主催:子宝セミナーの開催

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2013/10/15

妊娠しやすい身体づくりをしていきましょう♪
漢方の福原薬局ではこの度、全国の不妊治療専門病院や産婦人科で講演されている講師をお招きし「子宝セミナー(ママ予備校)」を開催致します。
「妊娠力」を高める食生活や生活習慣についてのアドバイス、妊娠についての様々知識を、楽しく詳しく教えていただけます。
講師の質問に答えながら学ぶ【参加型セミナー】なので、どうかお気軽にご参加ください。

と き:11月30日(土)午前10時〜12時
      12時より個別相談会・女子会を開催いたします。
ところ:岸和田市立浪切ホール 会議室2
      南海岸和田駅より浜側へ徒歩12分 カンカン横
講 師:一般社団法人「子宝カウンセラーの会
    筆頭学術講師・温灸指導士、柳田浩二先生

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

※「完全予約制・先着30名限定」ですのでお早めのお申し込みをお願いします。また、お子様連れの方はご遠慮いただいております。
◆お申し込みは下記までお電話ください
 電話 フリーコール 0120-75-0322
    携帯からは 072-422-0361



【個別カウンセリング開催】
10月12日(土)に福原薬局で妊娠を希望される方々のカウンセリングを実施しました♪
妊娠するためには女性ホルモンの状態や男性の精液の状態が良いことは当然大切なことですが、ある程度整っているのになかなか妊娠できない方にとって「赤ちゃんが授かるという前提」で、そのために「今何をしていく必要があるんだろう?」という発想が大切です。

当日はカウンセラーとして子宝カウンセリングの会の事務局長兼理事、柳田浩二先生にお越しいただきました。
柳田先生は全国で妊娠を望まれるご夫婦の妊活を支えてこられ、1000組以上のご夫婦の妊娠・出産をサポートして来られている実績があります。

内容は当店で漢方薬をお続けになられている方々にお一人約1時間で「今何を悩んでいますか?」という質問をしながら、それぞれの方のお悩みに丁寧に寄り添いながら、お悩みの問題を一つずつ解決するお手伝いをさせていただきましたが、特に大切なことはやはり昔から言われている「体を温める」ということで、シャワーだけで湯船につかっていない方は、ぜひ毎日湯船につかって、お腹を温めて欲しいと思います。
そして、できるだけ赤ちゃんが授かることを具体的にイメージすることも大切です。

ご参加された方々のお帰りの時の表情がとても明るく輝いておられたことが印象的でした。どうか近い将来に皆様方にコウノトリがやって来ますようにと願いながらお見送りを致しました。
このページの先頭へ
  • はじめまして!福原薬局です
  • 更年期の心と身体の不調
  • こんな症状ありませんか?
  • よくある質問
  • 店舗情報
ショッピングカートを見る
オンラインショップ 症状別商品ラインナップ
今月の定休日
12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

※毎週土曜日は、完全予約日となります。
事前に、ご来店予約をよろしくお願いいたします。