メディア掲載情報 │ 生理痛,更年期,ダイエット,アレルギーを漢方で治すなら岸和田の福原薬局へ。

メディア掲載情報

2012年11月

主治医11月号に掲載されました

勝野洋さんと健康鼎談 平成24年6月14日、東京キャピトル東急ホテルにて俳優の勝野洋さんをゲストに迎え、月刊『主治医』の健康鼎談をさせていただきました。

鼎談当日、勝野さんはモスグリーンの上着にオレンジ色のシャツ、そして、ボトムにはもちろんジーンズというスタイルでした。 鼎談はカポニー産業(株)横手久典社長が勝野さんに色々な質問を投げかけられ、勝野さんがそれにお答えするというスタイルで進められましたが「健康を維持するうえで心がけてこられたことはありますか?」という質問に対するお答えの中で、とても印象深かった言葉を紹介します。

PDFが開きます

「厄年といいますが、40とか60になると何かあるんだなあというのは感じました。
僕は精神的に結構やられましたね。それで、病気でも何でも肉体にきますけれど、そのおおもとはやっぱり精神的なものだということが、そのときわかりました」

「精神的に折れちゃうと、
いろいろなものが、悪いものが出てくるんでね、だから自分との闘いというか…。
今までの自分を振り返って、人生を振り返って、そういうものを全部クリアにしていって、とにかく前に進まなきゃダメだと、女房と一緒に前向きになるようにしましたね」

「僕は、これだけは信じているんですが、人生においてどんなことも無駄なことはない、と。どんな最悪なことがあっても無駄じゃない、と。今はそう思います。そう思えば、前に進みますから」

そして、最後に、

「やはり、今までやってきて思うのは、基本は健康だということ。 体が健康でさえあれば、どんなことでもこれからできると思うんです。山あり谷ありでも、健康なら乗り切れる。そうすれば僕たち夫婦の背中をみて、子どもたちもきちんと歩いてくれると思いますので・・・。それがあってはじめて夢もある。今話した舞台もやっていきたいし、映画もやりたいし、いろんなことに挑戦していきたいと思いますね」

“健康があってこそ、はじめて夢が語れる”というお話でしたが、これからも健康でますますご活躍いただきたいと思います。

photo

photo

photo

あなたの健康誌「主治医」とは

photo

「主治医」は昭和36年5月に創刊された、毎月約20万部発行の月刊誌で、皆様に愛読され続け50年の歴史を誇る健康情報雑誌です。
初版から約50年経過し、平成24年12月現在ではすでにNO.622になり、主に松寿仙など自然薬愛用の皆様、医療関係者へ第三種郵便でお届けしています。
創刊当時からセルフメデュケーション(自分の身体は自分で守る)の大切さを唱え、健康づくりを意識していただく内容でまとめられています。

創刊当初は現代のように健康情報がさほどない中、多くの方々の健康増進に
寄与してきました。これまでに約500人に上る著名人との健康対談が本誌の
メイン記事となっていますが、今回俳優の勝野洋さんを交え、福原薬局、
福原陽子が自然薬アドバイザーとして健康鼎談に参加させていただきました。

このページの先頭へ
  • はじめまして!福原薬局です
  • 更年期の心と身体の不調
  • こんな症状ありませんか?
  • よくある質問
  • 店舗情報
ショッピングカートを見る
オンラインショップ 症状別商品ラインナップ
今月の定休日
12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

※毎週土曜日は、完全予約日となります。
事前に、ご来店予約をよろしくお願いいたします。