新着情報 | 生理痛,更年期,ダイエット,アレルギーを漢方で治すなら岸和田の福原薬局へ。

新着情報

RSS

お子様の水イボも漢方薬で♪

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2013/04/24

水イボ!皮膚科に行くとピンセットでつままれて子供はとても痛い思いをします。
見ている親もツライですよね・・・「福原薬局」のおすすめ漢方薬の水イボ4点セットの痛くない方法で、きれいにしてみませんか。

水イボ
正式名称は、伝染性軟属腫という難しい名前がついています。
幼児や小児に多く見られる伝染性軟属腫ウイルスによって伝染するやっかいものです。

特徴・伝染の仕方
大きさは、あわ粒から米粒くらいで、丸くふくらみ、大きいものは、真ん中がへこんでいるのが特徴です。
保育園、幼稚園などの集団生活や、プールに通っている幼児に多くみられ、その兄弟にも移ります。
特にアトピー性皮膚炎のある子供では、掻いて水イボの中身を、まわりの皮膚や体のあちこちにくっつけるので、広がりやすくなります。
ここで注意していただきたいのは伝染するのは、ウイルスによって移っているということです!そしてそのウイルス対しての抗体ができると完治するということなのです。
4点セットにある内服薬「コイクラセリド」は、この抗体をできるだけ早くできるようにお手伝いをする役目です。
皮膚の症状で内服薬を飲ませることに抵抗のあるお母さんもいらっしゃるかもわかりませんが、どうぞ安心してお使いください。

方法
◆内服薬について
コイクラセリド(水イボの内服薬です)
お子様の身体の中に、ポックス・ウイルスを退治する抗体がうまれて、「水イボ」は完治します。
「コイクラセリド」は抗体形成を身体の中に湧き上がらせる先導薬になります。
安全で安心して服用できる漢方薬です。

◆外用薬について
.優トラバングリーン(かぶれない消毒薬で殺菌力は一番)
「うすめ液」の作り方。
  機Ю面器に水道水を約2リットル入れます。
  供Д優トラバングリーンを計量カップに2ml入れます。

治療の仕方
  掘ЪN鼎錬影2回:お風呂の後と、朝、幼稚園に行く前。
  検Ю茲困母さんの手を「うすめ液」で消毒します。
  后Г子様の「水イボ」の部分と周りの皮膚を広く殺菌消毒します。

▲曠離競襯(あせもやカユイときにも使用できます)
  此添付の棒でよくかき混ぜてください。:合成界面活性剤を使用していませんので。
  察А屬Δ垢甕奸廚脳弾任靴拭嵜絅ぅ棔廚両紊謀鰭曚靴泙后
  次Э絅ぅ椶枯れるまで、毎日繰り返します。

赤色ワグラス軟膏(きれいな肌に蘇らせる軟膏、アトピー肌の人にもよい)
  宗Э絅ぅ椶枯れたら、カサカサの肌を元のきれいな皮膚に蘇らせる軟膏です。
  勝Ю嵜Д錺哀薀稿霍僂惑く広く塗布するのがポイントです。

価格は4点セットで¥7,560です。

メールかお電話でご相談ください。【フリーコール:0120-75-0322】

第8回ミニむらさき会、参鶏湯頂きました♪

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2013/03/09

第8回ミニむらさき会を啓蟄も過ぎ、一気に春の陽気となった3月7日(木)に開催いたしました。
今回はNLP(神経言語プログラミング)のマスタープラクティショナーとして福原陽子が、話し手と聞き手に起こるミスコミュニケーションについてと、それぞれの人が自分の五感を使いながら目標を叶えるための道筋についてお話いたしました。

そしてお話の後は、体が冷えて体力が落ちているときに、体を温め、気力を高める薬膳料理として作られる参鶏湯(さむげたん)を召し上がったいただきました。
コラーゲンたっぷりで、食べた後、体がホッカホッカでした!!

4月のミニむらさき会は岸和田城でお花見をします♪

月刊「主治医」健康鼎談

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2012/09/11

去る6月14日に東京のキャピトル東急ホテルにて俳優の勝野洋さんをゲストに迎え、月刊『主治医』11月号の健康鼎談をさせていただきました。
勝野洋さんの健康についてお話しされるひと言ひと言に、とても強い想いが感じられました。
是非お読みいただき、感想などお聞かせいただけたら嬉しいです。
主治医とは
昭和36年5月に創刊された、毎月約20万部発行の月刊誌です。
発刊当時からセルフメヂデュケーション(自分の身体は自分で守る)の大切さを唱え、皆様に愛読され続け50年の歴史を誇る健康情報雑誌です。
松寿仙など自然薬愛用の皆様、医療関係者へ第三種郵便でお届けしています。
       とびらの言葉
―――――あなたこそ主治医―――――

自分のことは自分が一番よく知っている、自分を知っているのは、自分以外にない筈です。
健康もそうで、健康は私たちの生活そのものによって創られるのです。私たちの健康はお医者さんが創るものでも、薬剤師さんが創るものでもありません。
あなたの健康はあなたの生活、あなた自身が創るほかありません。すなわち、あなたの主治医はあなた自身であります。あなたの主治医としてのあなたと共に、健康のことを考え、健康を創る資料を提供するために生まれたのが本誌です。その意味で、いささかでもあなたのパイロットの役をつとめることができれば幸せです。
(昭和36年創刊時の言葉より)

「童謡で健康に♪」報告

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2012/04/06

4月5日に摩耶あきらさんの講師でミニむらさき会開催しました。

最初に身体全体から声を出すようにというお話があり、一つ一つの細胞や毛穴からも声を出すような意識で発声をしていきました。
それから「春よ来い」「荒城の月」など春の歌を4曲一緒に歌いました。
24名のお客様がご参加され、皆さんの声が合わさったらどうなるだろう?
と心配しましたが、見事なハーモニーで不思議な空間と時間でした。

本当に身体の声を出すって気持ち良いです!!
このページの先頭へ
  • はじめまして!福原薬局です
  • 更年期の心と身体の不調
  • こんな症状ありませんか?
  • よくある質問
  • オンラインご相談
  • 店舗情報
ショッピングカートを見る
オンラインショップ 症状別商品ラインナップ
今月の定休日
11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

※新型コロナウイルス対策のため営業時間を短縮しています。
新規ご相談の方は、事前のご予約をよろしくお願いいたします。