新着情報 | 生理痛,更年期,ダイエット,アレルギーを漢方で治すなら岸和田の福原薬局へ。

新着情報

RSS

岸和田だんじり祭りも熱中症対策を!!

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2014/09/03

「汗をかく事」は、それだけで体調不良につながる!
じりじりと焼けつく日差しの夏は、「わき出す様な汗」と毎日付き合わなくてはなりません。
『激しい運動をしなくても、汗をかくと、とても疲れる』との体感は、誰もが経験済みの事ではないでしょうか。
「汗をかく事」は、漢方的には、2つの大切なものを失っている状況と捉えています。
それは「体液(津液)」と「元気(気)」です。発汗は、体液の喪失とともに、日常生活を過ごす上で大切な気(元気)」を急速に失わせる状態と言えるのです。
「夏の日常生活、炎天下の作業・スポーツ・レジャー」は発汗を招き、それそのものが体調を崩す理由となります。
熱中症の初期症状(I〜挟)には、やはり「発汗による倦怠感」が見られます。
初期段階で「気」と「津液」を補う事が、熱中症を防ぐ手だてとなります。
酷暑から生活のリズムを守るため、生命そのものを守るために生脈宝をお役立てください。

-------------------------【飲み方】-------------------------
◆ペットボトル水(500ml)に生脈宝3包を溶かし、それを手の届くところに用意しておいて、発汗したらすぐに服用して下さい。
外出先から帰ってからの服用では効きが鈍くなります。
※夏期、畑仕事時に服用された方から、「翌日、疲れが残らなかった」と報告頂きました。
--------------------------------------------------------------

【こんな場面にご利用を! 】
◆発汗を伴う遊びや作業
〆廚蝓Ε好檗璽帖Ε譽献磧次淵乾襯奸▲謄縫后▲汽奪ー等、山歩き、ハイキング)
∋纏・作業(田畑・ガーデニング仕事、屋外作業、PTA・町内会業務)
2亠せ纏・高温の職場など(厨房、閉め切った倉庫など、冷房を使わない屋内)
◆学びのための薬*クラブ活動と勉強の両立は困難なもの。懸命に運動するお子さんほど「気」は消耗し、夕刻机に向かうと「とたんに眠気に襲われる」のも普通です。汗により陰分を消耗する事は、身体になっていく構成物を消耗する事でもあり、今後の成長のためにも良くありません。
運動に一生懸命なお子さんには生脈宝で「気・陰」の補充を、生脈宝は親の愛情薬としても使っていただけます。
◆アクティブな方の活力維持薬
年中精力的に活動される発汗を伴いアクティブな方には、活力維持薬として活用いただけます。

漢方の福原薬局:最近のご相談例

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2014/08/29

◆小5の女の子 皮膚の症状
7月の運動会でひどい日焼けをして、日焼け部分がカサブタ状になっていた。
ヒリヒリとした痛みも強く、熱も持っていてやけど状態でした。
1日2回患部に紫根・当帰の漢方薬配合の、赤色ワグラス軟膏を少し厚めに塗っていただきました。
 
2週間程度で、傷も残らずきれいに治りました!とご報告がありました。
■関連商品はこちらに紹介しています■

◆40代女性 イボ
顔面(おでこ・ほほ・こめかみ)に平らで少し盛り上がったイボが20個ほどできる。
7月初旬よりヨクイニン錠を6カ月服用するも全く効果が見られなかった。
エッキ+コイクラセリド(漢方のイボ取薬)を服用していただいたところ、イボ全体に小さくなり、一部消えてきましたとの報告を頂きました。
■関連商品はこちらに紹介しています■

◆50代女性 皮膚のトラブル
顔面の汗が多く、目の周囲に小さな肌色のあせも程度の大きさの発疹が多数見られた。
痛みもかゆみもないが、皮膚科でレーザーで焼くしか仕方ないと言われていました。
夏場は特に目立つということだったので、うるおいカラミンローション(漢方成分配合)を1日2回通常の化粧水をつける前に、軽くパッティングするようにつけていただく。

約1か月後発疹が目立たなくなる。
■関連商品はこちらに紹介しています■

福原薬局で松寿仙を購入されたお客様の声

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2014/07/25

60代女性  Kさん
冷え性の改善にとすすめられて、松寿仙を5年前から始めました。
「あら不思議!」と何だか体が軽く感じられ、元気になったように感じました。
様々な健康食品を試し、飲んできましたが、やっと自分にあった自然のくすりに巡り合えました。

70代男性 Nさん
■ご利用前の様子
13年前に虚血性心疾患のため心臓バイパス手術を受ける。
2年前に一過性脳梗塞を発症。

数日前から肺炎を起こし、その後心筋梗塞を起こし、
肺に水が溜まり、クレアチニンの数値が5.7にも上昇。
透析の必要性を医師から告げられ、精神的にも落ち込む。
食事制限も実施していて、うつ状態に陥る。

■ご利用後の様子
少しずつ気力も取戻し、約5か月経過後、
クレアチニンが3に下がる。
高かった血圧も少しずつ下がり、
医師よりこれからは循環器科のみの診察でよいと言われる。

60代男性 Tさん
37度程度の微熱が続き、病院で様々な検査を受けるもなかなか原因が分からずに困っていました。家族から「漢方薬を飲んでみたら!」とすすめられ、思い切って相談。

服用後半月目頃から効果が出始め、数カ月ですっかり微熱は改善される。
以来約10年松寿仙は欠かさずに続けています。
5年前に一度定期検査のPET検査で引っかかったことはあったけれど、それも様子を見ていきましょう!ということで、いつの間にかPET検査も大丈夫になりました。

今から考えたら、体調を崩す前は慣れない役職があたり、かなりストレス状態でした。
肩や腰の痛みはあるものの、何とか元気で過ごせています。

30代女性 Sさん
子宮内膜症で女性ホルモン薬を数カ月飲んだころから、太ももがまだら模様に血管が浮き上がり、生理血も黒っぽくなっていました。
体調もとても悪く、仕事を休みがちでした。
母からすすめられ漢方薬を服用。
服用してすぐに、体調が良くなる。
また2カ月終えたころから、足のまだらの斑点がうすくなり、2周期は生理血も真黒な感じだったのに、その後鮮血の時も増えてくるようになり、その後松寿仙だけを継続して服用中。

漢方の福原薬局主催:第11〜16回ミニむらさき会終了しました

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。

2014/07/15

第17回ミニむらさき会終了しました
「童謡で健康に♪」も会を重ねて4回目の開催となり、今回は15名のご参加をいただき、夏の歌を歌いました。
日   時  6月12日(木)午前10:30〜12:30
      (6月12日(木)店舗は営業しています)
場  所  福原薬局 2階
テーマ  第4回 童謡で健康に♪
講 師  摩耶あきらさん (岸和田市在住)
チェロ演奏: 西規子さん (貝塚市在住)

童謡で健康に♪
夏の歌は、幼いころ自然を駆け回って真黒に日焼けしたことや、家族皆で花火をしたことなど楽しかった思い出がよみがえってきます。
童謡は懐かしい思い出や自然の情景を思い起こしてくれるので、聞く人も、歌う人も癒されるのかもしれません。

第16回ミニむらさき会終了しました

4月3日(木)14時30分から福原薬局の2階で、「人生を変える腹式呼吸」と題して、ミニむらさき会を開催いたしました。
人類が二つ足歩行を始めた時から、腰は身体の『かなめ』となりました。
しかし年齢とともに、背骨はすり減り、腹筋が弱くなるため、ますます腰に負担を強いることが多くなります。
椎間板ヘルニアなど慢性腰痛で苦しんでおられる方も多いのが実情です。
その解決方法として最も大切なことは、お腹回りをしっかり支えること。
臍下丹田があるお腹は大切な場所で、腹式呼吸を続けることで、腰を支えるための普段使わないお腹回りのインナーマッスルを鍛えます。
腹式呼吸を1日20分続けると3か月で1万回となり、繰り返すうちに脳が記憶し始めます。
そうなれば痛みに対する身体のセンサーまでも変わってくるということです。
今回は岸和田市の喜多クリニック、喜多薫先生から自分の体は自分で守るという「セルフメディケーション」の重要性と、そのために何をしていけば良いのかなどのお話をしていただきました。
またインストラクターの先生からは正しい腹式呼吸法を実地を交えて教えていただき、ご参加の方々は呼吸法を身に付けようと一生懸命に聞いておられました。

第15回ミニむらさき会終了しました
弥生3月、入学・入社・結婚などお祝いや贈り物をすることが多くなる季節です。
プレゼントをいただいた時に可愛い手作りカードが添えられていたり、またオリジナル封筒で写真を送られたりすると、ちょっと嬉しいですね。

3月のミニむらさき会は手作りカードや封筒を作成してみました。

大切に残してあるきれいな包装紙や千代紙で作られた心のこもった逸品です♪

日時 平成26年3月6日(木) 10:30〜12:00
場所 福原薬局2階
会費 無料

第14回ミニむらさき会終了しました
寒さに最も弱い臓器が「腎」で、この季節は「腎」が大変傷められやすくなります。そのため、とにかく薄着と冷たい物を避けることが大切です。
年の始めに『地(じ)黄(おう)粥』を食べると、腎気を高め、病気の元である邪気を払うとのことで、これを食べる習慣がありました。そこで今年も2月6日(木)午前10時30分から『地黄粥』を作り、熱いおかゆを召し上がっていただきながら、血行を良くするための漢方の働きや、疲れを解消し、若々しく綺麗を保つ健康法についてお話を聞いていただきました。

またお土産には松寿仙1本と生地黄(細いサツマイモのような芋です)をお持ち帰りいただきました。
 ―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*
昨年2月に開催しました、「ミニむらさき会」の地黄粥の記事を当店のホームページに掲載していましたところ、その記事を目にされた島根県の業者さんが当店を訪問して下さり、北海道で栽培された地黄を大量に分けてくださることが決まりました。

その業者さんは栽培農家を守るために地黄の普及に努められていて、自社では地黄を使った薬膳料理(サラダやお漬物、天ぷらなど)を島根県の道の駅でも提供されています。

また地黄をはちみつに漬け込んでそれを毎日飲むと、不老長寿の要薬とされている「瓊玉膏(けいぎょくこう)」のような飲料ができます。

【地黄のハチミツ漬けレシピ】
\浄地黄(大・小・茎いずれも可)の水分を取るために,布巾の上において1日置いておく
▲好薀ぅ垢靴董▲咼鵑涼罎烹己目入れる
ビンにハチミツを流し込んで、地黄がハチミツに浸るようにする。
ぅ咼鵑粒犬呂靴覆い如▲▲襯潺曠ぅ襪之擇蓋をする。
タ緤がついているとカビが出るので、スプーンですくい取る
θ酵して泡が出てくる
1〜2カ月泡が止まって黒くなる
蜂蜜のドロっとした感じから、サラっとした感じに変わったら出来上がり
エキスは1日1回スプーン1杯、地黄はお菓子として食べれます

第11回ミニむらさき会終了しました
童謡で健康に♪
10月2日には第三回目の「童謡で健康に」を開催しました。
今回も少しぜいたくに摩耶さんのピアノ(キーボード)と、西さんの生のチェロ演奏をバックに、秋の歌を大きな声で歌いました(*^^)v

童謡は失いつつある日本の自然を多く取り上げています。
波の音・虫の音・紅葉・かすみ・雪などなど。
歌っていると大自然に抱かれているような安心感があり、それにより聞く人も、歌う人も癒されるのかもしれません。
声を出すことで、気持ちや心を開放しながらリフレッシュし、それぞれの「優しい時間」に出会えたのではないでしょうか(*^^)v
このページの先頭へ
  • はじめまして!福原薬局です
  • 更年期の心と身体の不調
  • こんな症状ありませんか?
  • よくある質問
  • 店舗情報
ショッピングカートを見る
オンラインショップ 症状別商品ラインナップ
今月の定休日
3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

※毎週土曜日は、完全予約日となります。
事前に、ご来店予約をよろしくお願いいたします。