更年期症状 │商品紹介 │ 生理痛,更年期,ダイエット,アレルギーを漢方で治すなら岸和田の福原薬局へ。

オンラインショップ

症状別商品ラインナップ

更年期症状

  • ホーム
  • 更年期症状
  • 【更年期障害】抑肝散加陳皮半夏(イライラ・不眠症・神経症の方に)

【更年期障害】抑肝散加陳皮半夏(イライラ・不眠症・神経症の方に)

※小さな画像をクリックすると、大きな画像が切り替わります

商品説明
抑肝散の名は、肝気の興奮を抑え沈静させる効能に基づいてつけられたものです。本方は、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものに用い、また、かんの強い小児にも奏効します。

神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症(神経過敏)、更年期障害、血の道症、歯ぎしり
内容量
30包
効能・効果
体力中等度をめやすとして、やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症(神経過敏)、更年期障害、血の道症、歯ぎしり
血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことです。
成分・分量
本剤3包(6g)中
(トウキ・チョウトウコウ・センキュウ・チンピ各1・5g,ビャクジュツ・ブクリョウ各2g,サイコ1g,カンゾウ0.75g,ハンゲ2.5g)
上記より製した抑肝散加陳皮半夏エキス5.8gを含有する細粒剤です。添加物としてメタケイ酸アルミン酸Mg、ヒプロメロース、デキストリン、乳糖、トウモロコシデンプン、香料を含有します。
製造 発売元
松浦薬業株式会社
名古屋市緑区大高町寅新田36
区分
日本製:【第2類医薬品】
広告文責
福原薬局
072-422-0361
価格
¥2,700(税込)
お問い合わせ
用法・用量に関する注意
【用法・用量】
年 齢            1回量     1日服用回数
大人(15才以上)       1包      3 回 
7才〜 15歳未満      2/3包     3 回 
4才〜 7 歳未満      1/2包     3 回 
2才〜 4 歳未満      1/3包     3 回 
2歳未満      1/4包     3 回 
※上記の量を食前または食間(食後2〜3時間)に服用してください。

(1)用法・用量を厳守すること
(2)小児に服用させる場合は、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には、医師の診察を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。
使用上の注意
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないでください。
 生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊娠又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸の弱い人
(4)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文章を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
   関係部位:皮膚
   症  状:発疹・発赤、かゆみ
(2)1ヵ月位(小児夜なきに服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合
保管お及び取り扱い上の注意
(1)直射日光のあたらない湿気の少ない涼しいところに保管する事。
(2)小児の手の届かないところに保管すること。
(3)他の容器に入れ替えない事。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)分包剤で1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
一覧に戻る
このページの先頭へ
  • はじめまして!福原薬局です
  • 更年期の心と身体の不調
  • こんな症状ありませんか?
  • よくある質問
  • 店舗情報
ショッピングカートを見る
オンラインショップ 症状別商品ラインナップ
今月の定休日
3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

※毎週土曜日は、完全予約日となります。
事前に、ご来店予約をよろしくお願いいたします。